教育ローンのお話・申し込みと審査のTOPに戻る


ページの
TOPへ



郵便局の教育ローン

ゆうちょ銀行「教育積立貯金」は、平成19年10月以降、教育資金の融資の新規のお申込みは受け付けておりません


教育ローンを利用するならできるだけ低い金利のものを選びたいものです。
低金利の教育ローンの代表的なものに国の教育ローンがありますが、その中のひとつに郵便局の教育ローンがあります。
郵便局の教育ローンは全国のゆうちょ銀行や簡易郵便局以外の郵便局で取り扱われている教育ローンで、「郵貯貸付」とも呼ばれています。
ゆうちょ銀行、郵便局の教育ローン「郵貯貸付」は誰でも利用できる教育ローンというわけではありません。
ゆうちょ銀行、郵便局の教育ローンを利用できるのは、教育積立郵便貯金の預金者のみとなります。
また、ゆうちょ銀行、郵便局の教育ローンでの最大融資額は対象となる子ども1人につき200万円とされていますが、実際には教育積立郵便貯金で積み立てている金額までに限られています。
なお、ゆうちょ銀行、郵便局の教育ローンを申し込むためには、保証人が1名必要となります。

関連コンテンツ

かんぽ生命の新学資保険『はじめのかんぽ』。郵便局でも取扱い

株式会社かんぽ生命保険から発売となった 新学資保険の話題です。 愛称は『はじめのかんぽ』 正式名称は「学資保険(H24)」および「学資保険(H24)(保険料払込免除なし型)」) かんぽ生命の商・・・

ゆうちょ銀行が扱う教育ローン

株式会社ゆうちょ銀行は、2007年10月1日に発足しました。 元の日本郵政公社が、持株会社(日本郵政株式会社)と 4事業会社(郵便局株式会社、郵便事業株式会社、株式会社ゆうちょ銀行、株式会社かんぽ・・・

郵便局の教育ローンの利用条件

ゆうちょ銀行では、平成19年10月以降、教育積立郵便貯金の新規申込みは受け付けていません。 郵便局とゆうちょ銀行が扱う郵貯貸付の対象となるのは、教育積立郵便貯金の預金者です。 ・・・

教育ローンと郵便局の教育積立貯金

平成19年10月から、ゆうちょ銀行の教育積立郵便貯金は受け付けておりません。 郵便局やゆうちょ銀行の教育ローンを利用するためには、あらかじめ郵便局で教育積立貯金をしておく必要がありま・・・